担当者と話し合う

日本の楽器修理技術は実はかなり高く、それを指導する学校も存在している程メジャーとなっています。海外の演奏家が使用する高級な製品を手掛ける方もおり、日本人の技術は世界でも評価されています。アジア地域でその技法を教えている専門家も存在しているため、もし高級な大切にしているものを見てもらいたい場合には、人を選ぶ事も大切になります。また、そうした人達を講師や先輩にして育って来たスタッフの方も、十分信頼に値します。日曜大工のような簡易的なサービスではなく、質を求めるなら正式なノウハウを所持した人達を選びましょう。

楽器の修理業者に出向くと、部品交換が必要となる場合があります。そうなると費用も高くなってしまい、やむを得ずそのまま処分をお願いする事もあります。形見やブランド価値のある製品であれば持ちかえるのも良いのですが、基本的にはそのまま捨てる事を考えます。しかし、楽器の修理店舗によってはリサイクルに活かしている所もあり、近年その取り組みは目覚ましくなっています。リペア技術を学ぶ専門学校へ一旦送られ、そこで直されたものが寄付に使われたりしているのです。壊れて使えなくなった、修理を辞退したいと思った際には、こうしたリサイクル活動を行っている会社を選ぶ事がお勧めです。そのまま捨ててしまうのではなく、次の方に活かしてもらえる取り組みに参画しましょう。